【送料無料】 ガソリン車:2WD 6人乗り/7人乗り シエンタ トヨタ ワールドマット(脱臭加工済み) フロアマット 標準仕様 ヒールパッド付 ブラック SP1シリーズ NSP170G用 H27/7~ フロアマット

日産

日産自動車は、ミシシッピ州カントンにある組立工場に5億ドルを投資し、最新の電気自動車製造技術に対応させると発表しました。更新後、同工場では2025年から新型のオール電化車2台を生産する予定です。

「日産自動車株式会社の最高執行責任者であるアシュワニ・グプタは、「本日の発表は、米国における電気自動車革命を推進するための新たな投資の第一弾となるものです。「日産はカントンの未来に強力な投資を行い、最新の技術、トレーニング、プロセスを導入し、真にクラス最高のEV製造チームを作り上げます」と述べています。

日産の投資は、工場の更新と、工場を運営する約2,000人の従業員のスキルアップに充てられる予定です。これは、米国の製造事業に対する135億ドルを超える大規模な投資の一部です。

これにより、新型日産EVと新型インフィニティEVを現地で生産することが可能になる予定です。新型車の詳細はまだ不明ですが、ティーザー映像では明らかにセダンのような外観をしており、SUVやクロスオーバーが好まれる市場を考えると、興味深い選択です。

ビデオで示された照明ディスプレイは、航続距離にこだわるメーカーにとって一般的になっているように、空力効率がその設計において主要な考慮事項となることを示唆しているようです。

Think Bee! - 新品!パンキッシュゼブラ ラージショルダーバッグ Think Bee!

日産はプレミアム・ブランドとして、までにほとんどの車両を電動化することを発表しました。そのうち15車種は完全な電気自動車で、日産は2050年までにグローバルな事業をカーボンニュートラルにすることを目指しています。

そのために、までに安価なコバルトフリー電池を導入し、同年にはより高出力な固体電池を導入する予定です。また、日産はグローバルなバッテリー生産能力を2026年までに52GWh、までに130GWhに引き上げる意向です。

PRODIA 地上デジタルチューナー PRD-BT102-PA1

【参照】NIKE - 専用 NIKE

BCR-002 サンワサプライ CCDバーコードリーダー (スタンド付き)T/C Sweat Hoody ティーシースウェットフーディー

【送料無料】 ガソリン車:2WD 6人乗り/7人乗り シエンタ トヨタ ワールドマット(脱臭加工済み) フロアマット 標準仕様 ヒールパッド付 ブラック SP1シリーズ NSP170G用 H27/7~ フロアマット

「DVR-RS019D/SD64」LEXUS交換用 HS 2022年モデル 10インチ ドライブレコーダー 2K 1296p 200万画素 前後カメラ ミラー型 SDカード64GB同梱 FHD 煽り運転対策 宅配便
タイトルとURLをコピーしました
RYCKLON.COM RSS